初めての開業なら!居抜き物件業者比較

Home > 物件について > 原状回復や新規の工事が不要で設備譲渡もある

原状回復や新規の工事が不要で設備譲渡もある

 お店を開業するとき、多くの場合は店舗を借ります。営業したい店舗に合わせて、立地や広さ、賃料、初期費用などから決めることになります。
 できるだけ初期費用が安く、賃料などの運営費が安いのがベストですが、それらが安ければ通常は立地などに問題があります。
 あまりお客さんが来ない、営業が難しいところなどもあります。その中で、立地もそこそこ良くて安く営業できる物件があります。
 それは居抜き物件です。通常店舗を借りようとするとき、内見に行くとそこには何もありません。コンクリートの床、壁、天井などがむき出しで、水道管やガス管、電気などのコードが出ている状態です。
 つまりはそこから新たに自分用の店を作る工事をしないといけません。原状回復した状態で利用します。居抜き物件は、原状回復が行われていない物件です。前の借主がそのままの状態で明け渡した物件になります。


 安い理由として、原状回復や新規の工事が不要になることでしょう。どれだけ設備が不要なお店でも、数十万から数百万は工事にかかります。
 その工事費用を浮かせることが出来るので安く営業が可能です。お店を閉める経営者は、事前にいつ頃に閉めるか、明け渡すかを貸主に伝えます。
 その情報が、不動産関係の会社に伝わります。どんなお店がいつ明け渡されるが、もし同じようなお店を運営する人がいるならと、引渡し前までに借主を探します。
 見つかれば、居抜きとしてそのままの状態で賃貸契約を結びます。さらにあるのは設備の譲渡です。
 お店の移転の場合、設備や備品などは新店舗に持って行かれる場合があります。でも完全閉店の場合、それらの設備が不要になります。設備を無償譲渡してもらえる場合があります。


 飲食店であれば、キッチンや調理器具、その他の備品など多くのものが必要になります。当然買い揃えたり、リースなどをする必要があります。
 譲渡してもらえれば、購入する費用を抑えることが可能になります。必ず譲渡してもらえるわけではないですが、可能性は高いです。
 ただし、注意も必要になります。それらの物件がどれくらいの年数経過しているかです。建物同様、設備等にも耐用年数があります。
 あまり長く使って煎る場合、将来的には修理をしたり、買い替えをしないといけない場合があります。以前の借主からすると、それらの修繕を嫌って別の所に移動するケースもあります。
 できるだけコストを抑えたいなら、その店舗が営業を開始してからどれくらいかをチェックすることも大事です。短ければ、その分お得になります。

カテゴリ